金かけたデッキ

1305 letters | 568 views | コメントする

 ブレイクジョーカーが仮面ライダーを扱っているキャラゲーである以上、お子様でも無料で喜べる物でなくてはならない。それと大人が課金して喜ぶ物でもなくちゃいけないので、両立のラインがどこなのか難しい。うちの子供については、今のバランスで普通に喜んでいる。週替わりのイベントで一番簡単なフロアを攻略すれば、とりあえず新しいカードが手に入るので、まぁそれだけで十分だ。YouTubeでいろんなライダーを知っているので、いろんなライダーが毎週貰えるというのは一番良いスタイルだ。たとえそれが強くなくてもな。ゲーム部分も子供にはトランプで勝つかどうかだけなぐらいがちょうどよくて、こつこつレベル上げたりブレイクさせたりってのはやはり大人の課金しての楽しみだ。だから現状、金をかけなきゃブレイク出来ないというシステムなのも、考え込まれたちょうど儲かるバランスなんだろう。



 ブレイク目的ではなく、カード目的でお金をかけたことで副産物で回復カクテルを大量に入手し、それを惜しみなく使うことで何枚かのカードをブレイクさせた。ナンバー違いでファングジョーカーを複数、響鬼のスペード消し持ち、あとタブーからナンバーを引きついてナスカを作った。まぁ体感としては魂大を1個とるために500円分くらい、ナスカメモリを取るために2000円分くらい、レベル上げのために1000円分くらいは回復カクテルを使ったかなと思う。最初から回復カクテルがそのくらい必要だとわかっていたら、無駄すぎてこのゲームには金をかけてないだろう。でも今回は回復カクテルを買ったんじゃなくて、ガチャのオマケが回復カクテルだったわけで、もう買っちまった回復カクテルを使わずに引退するのももったいないからどんどん使ってるんだけど、そしたらそのくらいは使ってる感じ。

 お金をかけたのでデッキは充実した。と言っても、本当に強いカードは全然ない。リーダーがライド10のガタキリバで、これも最初から回復カクテルを買ってやろうとするとそれなりにお金がかかるけど、ガチャしたから回復し放題だっただけ。こいつが毎ターンいつでも相手カード消し出来る状態で、その他のカードは相手に先にホールドさせるために、消えるカードとゲージ回復するカードで埋められる。一部埋まらないので直接ダメージとかも入ってる。消えないカードはAがガタキリバとイクサ、4がスイカ、5がナスカとジョーカー、6がベースステイツで、ちょうど半分だな。消すってことは消した分多く引くってことなので、普通は回復カードを複数入れるところを一枚しか入れなくても間に合う計算でイクサのみ。

 まだまだ、例えばファングジョーカーやベースステイツをEXブレイクさせようとか企てると完成にはほど遠い道のりだが、現時点でも既に金かけなきゃ実現出来ないデッキではある。もっと金かけてV3やオーディンを狙うのか、ガチャのオマケで回復カクテルを大量に仕入れ、レアアイテムのドロップを狙って消費するのかってとこ。いやー、もう良くね?中途半端に強くなったし、これで十分遊べると思うが。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。