一連の顛末

866 letters | 484 views | コメントする

まず、今泉とかいうやつが、イベントを企画した。
どんなかは知らないが知り合いらしく、妻が見に行くっていうことになった。
乳児を連れて行かなきゃいけないので、あたしゃ仕事休んで同伴した。
ほかにぴあの連中とか、田口とか言うおばちゃん、タダで泊めてくれたSCEの女、
知らない人ばかりだったが、100人ぐらいでビデオみて、30人くらいで居酒屋行った。
ビデオはダイオキシンがらみだが、主催側からみた見せ場は環境問題ではなく、
登場人物のおもしろさや、ビデオを作った人間のおもしろさらしい。
ゲストにはダイオキシンに詳しいドイツ人ではなく、通訳のアメ公が来て冗談をいってた。
質問も、ダイオキシンに関することは一切なく、関わった人への賛辞のみ。
サイエンスを前面に出したものならあたしでも楽しめたのだが、
こいつらの感覚での面白いについて行けないあたしにはサッパリくだらない集会だったよ。
でもいろんな賞を貰ったんだってさ、2位ばかりたくさん貰う方がすごいんだとよ。
信者だらけの集会に連れて行かれて入信させられそうな、不安な一日だった。
その前日も、宗教とは語らないがあきらかに宗教な整体だか気功だかでコテンパンにされた。



まとめると、ウチの妻は変な宗教の人らしい。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。