なんでもかんでもマイドキュメントだと不便

以前の真魚は、新規のファイルを保存しようとすると、
保存ダイアログで真魚本体のある場所が表示されていた。
で、ある時から、新規はマイドキュメントを表示するように変更した。
これは完全な新規ファイルの場合であり、
開いたファイルを別の名前で保存する場合なんかは、
その開いたファイルのある場所を出しているわけだ。
ココまでは普通な動作なんだが、
真魚でhoge.txtを開く→エクスプローラでhoge.bakに改名→真魚で保存ってしたとき、
ファイルが存在しないからマイドキュメントが表示されちゃうのが不便。
開いたファイルを保存するときは、ファイルがなくてもその場所を表示しなきゃね。
だが、フォルダごと存在しなくなってる場合もあるわけで、
結局はファイル有無のチェック、フォルダ有無のチェック、表示場所決定となる。
それと、新規はマイドキュメントではなく最近保存したフォルダが正解だ。
デスクトップにばっかり保存する人も結構いるだろうし。
どれにも該当しなかった時に初めてマイドキュメントの出番だろう。



たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。