エンマ武道会の闇

妖怪ウォッチぷにぷにはエンマ武道会をやるとセールスランキングが上がる。
ガチャ課金を我慢できる人も、チケット課金だと我慢出来ないんだろう。
あたしは嫌いなイベントだし、コンプする気もなく冷静に見ている。
前回は横取りナシで開始したら無駄に周回させられたので、今回は横取りあり。
かまいたちもシヴァラクも、自力で7種ドロップ後チケットで1種取ってコンプ。
メカオロチはドロップ率が悪かったので、3種だか4種だかチケットで取ったかも。
エンマ剣はほとんどドロップしない。
自力で2回か3回ドロップしたが、寝てる間に奪われてた。
奪われないために防衛パーティーを組んで挑んだつもりだった。
今回の問題点は、横取りチャンスが発生して防衛パーティーが破られる事にある。
どんな編成をしても、横取りチャンスの人には絶対に負けてしまう。
その上、横取りリストに一人か二人しか表示されないから、吟味されない。
どんな強そうな相手でも、どんなに罠っぽい相手でも、表示されたらすぐ挑む。
横取りチャンスの人は、リロードを繰り返して出た人に挑めば絶対勝てる。
だから、今回はセンターを誰にするとか関係なしで、防衛が成立しない。
さすがに無理っぽいので、いったんイベント離脱しようと思いかけたところだった。
このまま後半までチケットを温存し、前半はマネー稼ぎでもしてようかと。



フレンドの一人が、ムチャな強奪を始めたので結果が知りたくて様子を見てた。
取ったり取られたりして、30分ぐらいかかって一気に8個そろえてた。
これはおめでとうだが、ぷにぷににはおめでとうを伝える機能が何もなかった。
そして、その時間帯に勝負するのは良いのかもしれないと、あたしも強奪開始。
所持チケット18枚中16枚使って15分で一気にコンプリート。
まぁ、チケットが少なくなってきたときはあきらめかけた。
このチケットが0になっても集められなかったら、エンマ剣はもう集めない。
イベントを全部やる必要はないし、妖怪を全部コンプする必要はない。
現に、サンリオとか三国志とかはあえてコンプしないで、欲しいやつのみ狙った。
だから切羽詰まってはいないけど、やはり強奪タイムは心拍数上がる。
チケットが足りなくなりそうなギリギリまで耐えたからドキドキした。
後半まで待たずに、人が少ないうちにやりきって良かったと思う。

ただ、今回のイベント後も使えそうな有望な妖怪は、なまなまはげ一体。
イサマシの攻撃力アップで、覚メラより攻撃力強いってところが使えそう。
なぞり消しパーティーで攻撃力の高さが使えるかも知れない。
今回はイベントタイトルにあるとおり、完全に闇だからスルーした方が良い。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。