ストラップホール壊れた

通話用に使ってるiPhoneのハードケースのストラップホールが壊れた。
先日ゲーム用に使ってるiPhoneのケースをハードかららソフトに変更したばかりだ。
ハードが全て悪いわけじゃないが、買ってしばらく使って見ないとわからない点がある。
ダイソーの100円のハードケースでは一度もiPhoneを床に落としてないのに、
後に別の1000円くらいのハードケースに変更して何度も手が滑って床に落とした。
ケースさえつけなければiPhoneを床に落とすことはないのに、つけたから落とした。
つけないよりもつけた方がiPhoneの寿命を縮めるようでは本末転倒だ。
その、滑りやすいかどうかを確かめる方法がない。
なんせダイソーの100円は落とさないのに別の1000円が落とすんだから値段じゃない。
どうでもいいと思って選んでたけど、本当にどうでもいいならハードはリスキーだ。
って事で、ゲーム用もソフトにしたし、通話用もソフトに変更した。
ソフトであれば手が滑らない。
手が滑って落とすことを回避し、あとはカメラやサイドボタンに段差がつけば良い。
ケースごときで衝撃から守ろうとか、売る側の宣伝文句に踊らされる気は一切無い。
頑丈なケースに入れて落とすくらいなら、滑らないケースで落とさない方がマシ。



そう思って、ゲーム用の方をソフトにしたときから、通話用もソフトにするつもりだった。
ただ、ゲーム用と違って通話用のiPhoneはまだ手が滑って落としていない。
似たような1000円クラスのケースでも、やはり滑るケースと滑らないケースがあるらしい。
滑らないんだったらあえて、通話用のハードをソフトに変更する理由はなかった。
先日、和式のトイレに自分の体から何かしらふわっとした物を落としてしまった。
あたしは薬の副作用で常時下痢なので、和式に落としたものを判別出来なかった。
おそらく、ズボンの裾上げしてあまった布がポケットから出たかなと思ってた。
それがたぶんストラップだったんだよな。
通話用iPhoneのハードケースについてるストラップホールが破損してた。
ストラップが切れたんじゃないよ、プラがぶっ壊れてストラップを紛失したんだよ。
はい、ケースをソフトに変更するタイミングだ。

もちろんまた、滑らないダイソーのソフトを、好みであちこち切り抜いて使う。
iPhone6用しか売ってないのでカメラとスピーカーの切り抜きは必須。
サイドボタンもあえて切り抜いて段差状態にし、持ち運び中の誤操作を防止。
何でもいいならこれがあたしの理想のケースだ。
そして今回は、さらにストラップホールも切り抜いて自作した。
ソフトって素晴らしい。

ただ、ストラップ自体は紛失して、ダイソーにはいいストラップがなかった。
自宅にあった物も大きめのやつばかりで、ちょうど良いのを買わないといけない。
試しにその自宅にあったストラップを通してみたけど、穴はいい感じで出来た。
ストラップより弱いハードケースのストラップホールはもう信用しない。
だから自作の穴も少し距離を開け気味にして、すぐ壊れないよう配慮はした。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。