Adobeと一年付き合う決意

Adobeに課金した。
IllustratorとAnimateを一年間で。
この趣味が一年も続く気がしないけど、むしろ続けたいという願いも込めてだ。
Inkscapeには慣れたけどイラレにはなかなか慣れず、慣れたいという願いも込めてだ。
Animateも操作に癖がありすぎて、特にトゥイーンの操作が思い通り出来ない。
しかしAnimateに関してはシーンに分けて作業が出来るのが、他より良いと思った。
一本のアニメを作るのにずっと横長より、時々折り返しておきたい。
そしてAnimate単体でMP4動画作成まで出来るのが便利だ。
いやエンコードは別ソフトを起動しているようだが、おそらくセットだ。
いったん巨大なMOVファイルを生成し、それをMP4に圧縮しているっぽい。
絵と音を用意して並べるだけなので、AnimateにもFlashにもこだわっていない。
最終的にMP4みたいな汎用的な動画ファイルが出来上がればそれで良い。
ただ、Illustratorで書いてAnimateに読み込めばレイヤーを扱えるから楽だ。
慣れてInkscapeの方が描きやすいけど、Animateとの相性はIllustratorが良い。
携帯電話を一本追加したぐらいの料金だし、一年縛りを受け入れたわ。



Flashが使われなくなり、HTML5に移行したとか言うのはネット広告の話だ。
あたしが求めている物はFlashで問題ない。
他人の環境で再生出来なかろうが、こちとらMP4以外は公開しないんだし。
無理にHTML5についていかなくて良い
ただ、AnimateでもHTML5が作れるんだよ。
もしFlashでやりたいことが全てHTML5で作れて、さらに上を行く物ならその方が良い。
どっちもどっちだというなら、Flashで作るかHTML5で作るか先に決めたい。
とにかく最後はMP4にするんだし、途中は関係ない。
でも、そのシーンごとに分ける機能がFlashじゃないと使えないのがネック。
それが目的でAnimateにしたような物だし、それがないんじゃ意味ないわ。

あと、せっかく両方に課金したけど、Illustratorでの「効果」は表現できない。
Animate単体で出来ることのみ、Illustratorから読み込める。
ってことは、そもそもAnimateで絵を描けば良かったって事かも。
一年にしちゃったのでもう遅いし、せっかくだからイラレも覚えるか。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。