儚くも永久のカナシ

2478 letters | 1966 views | コメントする

 結局、どうだったら歌がうまいのよって言う疑問は一切自分では解決出来てないが、世間一般でうまいって言われる人のマネをして歌えば、その人をうまいって言ってる人達にとってあたしの歌もうまいって事になるのは必然だ。その世間一般は世界的な世間一般ではなく、日本人にとっての世間一般であって、日本人がどういうのをうまいと思ってるかって事を追求すればいい。この手法によって、もうアホほどうまくなってるあたしだが、依然として誰にもどこでも披露してなくて車内で歌ってるだけだから、第三者による公正な評価としてうまいわけじゃなく、勝手に言ってるだけであることも事実だ。あ、でもこのやたらうまくなる前の状態ですら、スナックのカラオケをやらされたら聴いてる人がオーってなるくらいだったから、今は誰にも聴かせてないけどオーじゃ済まないレベルで間違いない。でもこうなると逆に、むしろあまりうまい人だと思われたくないので、カラオケは歌いたくない。カラオケ目的でカラオケに行く機会はないので知らないが、スナックでのカラオケは親睦であり、あまりうまくない物同士が歌い合って成立するので、うまい人が混じってると他の人が歌いにくいだろう。だからもしお誘いがあったときはどうすっかなぁって思いつつ、実際はうまくなって以降一度もそういう機会がなくて、今後も何年かに一度しか歌わなくていいならうまくても別にいいかなとか思う。



 あたしは世間一般のうまいかどうかの感覚が良く分かってないから、自ら進んで流行りの歌を聴いて誰がうまいっていう判断は難しい。それで、素人で歌のうまい人はカラオケで何を選んでいるかっていうあたりをググって調べたりして、うまい人でも難しいと思ってるということで「UVERworld(ウーバーワールド)」っていう人だか団体だかに行き着いた。全然知らん。うまいかどうかもよく分からん。音楽的にも全然興味がないので楽しくもなく、その楽しくない中でもどれだったら自分で歌って自分を楽しませることが出来るかと、知らない中でもマシそうなのを探していたところ、ガンダムの主題歌だったために聴いたことのある曲があった。「儚くも永久のカナシ」というタイトルは記憶に残ってたが、そのタイトルからどんな曲だったかまでは思い出せなかったが。全然知らない曲よりは少しでも聞き慣れた曲がいいなと、こいつを車内用カラオケ練習リストに入れてからしばらくなる。同じ頃、ラルクアンシエルがなんかやったってテレビで騒がれてて、DSの音ゲーで聞き慣れたナンチャラって言うのがラルクアンシエルの曲だったことをこの時初めて知って、子供が好きな曲なので一緒にリストに入れた。

 そのラルクの方はサビの最後の一部が高いだけで他はずっと低い音域で、あたしの声で最もうまいと感じる得意な音域だ。車内という防音空間で本気声を出して練習する以前に、家でセーブして歌ってみた時点ですでに、この曲は本人より自分の方がうまいと言うか格好いいと感じたぐらい、かなり歌いやすい。B'zのマネで語尾を裏返らせる小技も取り入れ、サビのその高いところ以外はかなりエエ声で格好良く歌える。いやサビも別に悪くもないんだけど、低音があまりにも良すぎて一番盛り上がるべきサビより格好いいから、もう高音も低音のように格好良くなるしかなくなったわけだ。

 つーわけでちょうどUVERworldは最初から最後までずっと高音で、あたしの得意とする音域じゃない。B'zのマネ唱法でAメロとかの低いあたりは何とかなる。でも全体的に高い事で、どこかに負担がかかってるんだろうけど、この曲だけ繰り返し歌ってるとその何とかなってた低いあたりでさえどんどん格好悪い苦しい歌い方しか出来なくなっていく。ツー事はきっとこの曲は、あたしの得意じゃない音域を練習するのにちょうど良いんじゃないかなぁと思っている。でもその何とかなってる所以外の高いところを歌って苦しそうな感じになるのがとっても格好悪い。うまいかうまくないかは論じるべくもなくうまいのは当然で、格好いいか格好悪いか、一般人が聴いて楽しいか楽しくないかっていうレベルにいるあたしとしては、この高い部分の自分の格好悪さが気になって仕方ない。どうにかこの高い部分を格好良く歌うために、学ぶべくジックリお手本を聴いてみると、このUVERworldさんの高音が大変格好良くて、遙かな高みにいらっしゃることを痛感した。ラルクより自分の方が格好いいと思ってるあたしだけど、この音域はUVERworldさんに全然及ばない。それどころか、UVERworldさんは正だけどあたしは負だ。あたしは格好良くないではなく格好悪い。あたしがラルクを歌えば人を楽しませることが出来るけれども、あたしがUVERworldを歌っても人を不快にさせるだけだ。ツー事でこの曲はしばらく課題曲となろう。

 ずっと高いって事のみならず、途中何個か裏声を挟まなきゃ行けなくて、B'zのマネ唱法から突如そこだけ完全な裏声ってのが出来てない。B'zのマネだって語尾を裏返らせるんだから一緒なはずなのにな。「オーモーイデー」のところとか格好悪いというか歌えてもいないぐらいなのに、UVERworldさんのお手本ではそこは見せ場と言っていいくらいに綺麗にでている。その辺も含めて、ともかく高音の格好良さをどうにかマネ出来ないかと試行錯誤している。ラルクの曲のような一部高いだけだとごまかしが効いちゃうけど、UVERworldさんじゃそうもいかない感じ。

 カラオケで一般人に難しいと思われている曲ってのは、何が難しいんだかって事で最初はよく分からなかったが、やはりその一般人たちも上手かどうかじゃなく格好良く歌うのが難しいって言ってるんだろうな。その人達みんなあたしと同じように、UVERworldさんが格好いいと感じてるんだろうな。くそう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。