ためのぶ雅

1323 letters | 1320 views | コメントする

 山岡家の辛味噌は大変気に入ったが、トッピングにモヤシがないことだけが残念で、もうどうしてもモヤシ入りの味噌ラーメンを食べたくてウズウズしていた。それで、まぁだいぶ前だけど出来たばかりの頃も行ってそれきりだった、ためのぶに行ってきた。本当は、山岡家に行くより前にその発作は起きて、いつも通るから目に入っているためのぶに真っ先に行ったんだけど、その時は定休日と言う事だった。一応、機能してるんだかしてないんだかわからないホームページがあって、そこでモヤシが入ってる事を確認していったんだけど、営業時間は書いてるけど定休日が書いてなくて残念なことをした。でもしょっちゅう通るしまだモヤシの欲求は満たされてないから、もう一度行ってみたのが土曜日の3時という変な時間帯で、これもホームページではやってることになってたが店舗では営業時間が変わってたので、二回続けて店は閉まってた。で、その変な土曜日3時でもやってる店として、山岡家に行ったと言う事で前回までの話につながり、もう家族も連れて何度も行っちゃってる。



 そして、どうしてもモヤシのためだけに行動したくなり、ようやく入店できて、その機能してるかどうか分からないホームページのトップ画像にも使われてる雅ってのを食べた。麺が好みじゃないから、モヤシという条件がなければどうでもいいレベルにしか感じなかった。でもモヤシだけは望み通りの山盛りで、しかもメニューを見るとモヤシの増量も出来るって書いてあったくらいだから、またどうしてもモヤシの入った味噌ラーメンが恋しくなったら来ようと思う。ひょっとしたらあたしの好むような麺ではモヤシに合わないのかも知れないと、喰ってて思った。モヤシの味噌ラーメンが食べたくなったら麺は我慢するか、家で好みの麺にモヤシを入れるかしかないかも知れないと。

 その出来たばかりの頃ってのは、まだあたしが弘前のモヤシ入りまずい味噌ラーメンに嫌悪感を持ってた頃で、味噌が基本だって書いてあるのに醤油ラーメンを頼んだんだよ。で、店の名前が弘前の武将なのにラーメンは全然弘前風じゃないっていう印象を受けて、どうしてそういう名前を使ったのかとしばらく疑問に感じていた。すなわちこの店は弘前風じゃない全国平均風の店だというイメージを勝手に持つ事になった。で、いざあたし自身がマズくてもいいからモヤシの味噌ラーメンを食べたくなって、ようやくここが、弘前風のモヤシたっぷり味噌ラーメンの店だった事を理解した。しかしそうなるとどうしても麺まで弘前風になるわけで、やっぱりあたしの好みではない。弘前風じゃない店でモヤシの入った味噌を頼めば、もしかしたらあたしの好みの麺で出てくるかも知れないと思ったからためのぶだったんだけど、ここが弘前風じゃないというのは個人的な思い込みだったんだよね。

 弘前風じゃない味噌ラーメンにモヤシ入りってのが理想だから探しにくいけど、弘前風だったらいくらでもあるし、その中でも峰とか結構うまいと思うし、食べログによると変な時間もやってるみたいだから、次にモヤシが恋しくなったらためのぶじゃなく峰かもね。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。