HGUCクシャトリヤ

2504 letters | 1878 views | コメントする

 ユニコーンやバンシーはどうも宇宙世紀の造形としては気に入らないが、その他の登場モビルスーツにはいろいろ魅力がある。新型に限らず、リバイバルのモビルスーツも動画ではかなり格好良くなってる物が多く、物欲を刺激されてしまった。最近ではアッシマーに近いアンクシャが気に入ったが、あくまで動画で見ての話で、変形モビルスーツのキットは慎重になる。ローゼンズールにも惹かれたがキットはまだのようだ。つーわけで今さらだが、シナンジュと迷ってクシャトリヤを買って見た。



 塗装しない人でも、とりあえずトップコートだけ吹こうよってのをRGガンダムの説明書で知って以来、なんにでもトップコートを吹きたくなっているので、今回もそうすることにした。一度、塗装してないキットにトップコートっぽい違う物を吹いて表面を溶かしちゃったことがあるから、今回はちゃんと確認して買った。つーかこれもAmazonなんだけど、Amazonだとクシャトリヤのページにトップコートとアクションベースが一緒に表示されてるので、それらも一緒に買っただけ。

HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ (機動戦士ガンダムUC)Mr.トップコートつやけし B503 【HTRC 2.1】

 そのAmazonの写真では分からなかったが、アニメとは印象が結構違う。本体のどっしり感が足りずなんかスレンダー。これはこれで良いんだけど、本当はキットのフォルムよりイラストのフォルムが好きだ。オタマジャクシと本体との距離感も調節しにくく浮いちゃってる感じ。Amazonのレビューではオタマジャクシの関節がへたらないって話だったが、その関節を固定するストッパーがユルユルで、そのストッパーがついてる方の関節に対して、ストッパーがついてない関節が相対的に固いので、うまいこと角度を付けられない。アクションベース1がデカ過ぎて使うと置き場所に困るので使用しないことを決断したが、直立でちょっと上向きの方が良い感じ。

 RGガンダムの隣に置いたら、それまでRGだからこそ出来るちょっと関節曲げすぎた歌舞伎風ポーズで飾っていたガンダムだが、まるでデカいクシャトリヤにビビってるかのようなポーズに見えてきた。それはそれで良い。むしろRGガンダムが引き立てて、でかいことが格好良く見えてきた。それにしてもオタマジャクシが邪魔で場所を取り過ぎるが。

 肝心のトップコートだが、いくつか白くなっちゃったパーツがある。オタマジャクシは4個の内の1個だけ、白い部分が出現しちゃったので、その部分をどうして良いか分からず、とりあえず1000番のペーパーで磨いてみたがこれはあまり意味がなかったようだ。磨いたって事は多少でもトップコートがはげたって事だと思うのでもう一度吹いてみたんだけど、そしたら白いのはなくなっちゃった。つーことは、白くなったらもっと吹けってことかな?そのあと、スカートの部分もかなり白くなったので、同様に少し1000番かけてから吹き直そうとした時点で缶が空っぽ。1缶では足りないって事か。 ガンダムは白が多いので、トップコートで白くなっても気がつかなかっただけかな。結構白くなりやすいのかも知れず、それを解消するために何度も吹けば良いのかも知れないわけで、普通のHGでもトップコートは2缶買った方が良いのかも。

 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。