煮込み辛ラーメン

 名古屋に旅行に行って以来、通販で味噌煮込みうどんをストックして夜食に食べたりしてたんだけど、あれって高いんだよ。もちろん現地で食べると観光客向けでもっと高いが、通販で買っても結構高い。味噌煮込みうどんという名前で売ってるインスタント食品は安いんだけど、あの煮込まないで食う煮込みうどんの麺だと高い。その高い味噌煮込みうどんを買ってたショップで、以前は2セット買うと送料無料っていう仕組みがあったからまだギリギリ価格に納得していたが、あるときから2セット買うと送料も2倍になってしまい、たかが夜食で食うには高すぎるだろうと思って買うのをやめた。それで、味噌煮込みうどんの代わりに何を食うかって話。



 いや別にカップ麺でも良いんだけど、味噌煮込みうどんは一人用の土鍋で作るって所が気に入ってたのよ。鍋とどんぶりを別々で用意するとか、茹で用の鍋とスープ用の鍋を同時進行するとかじゃなく、土鍋で作ってそのまま土鍋で食べるって所がよかった。しかも、その土鍋の仕上げに生卵2個割って食ってたら、スープに黄身が溶けた状態ってのがすごく気に入ったわけ。別に味噌煮込みうどんにこだわってるわけじゃなく、その作り方と卵スープが気に入ってただけな気がして、そんじょそこらの袋麺にでも乗り換えてみるかって事で味噌煮込みうどんを買うのをやめた。たぶんもう送料が無料でも買わない。インスタント麺の味噌煮込みうどんを買う気もない。何でもいいんだから。

 そのそんじょそこらの袋麺を選ぶためにスーパーにいったんだけど、どれもうまそうじゃない。うまそうじゃない袋麺でも買おうと思えば5食分セットとかになるから、なんか気軽に買えない。いろいろ食べたくて迷うんじゃなく、どれも魅力がないけどあえて消去法で選ぶって感じで迷った挙げ句、最初に選んだのはうどんつながりでどん兵衛だ。5食分。それを土鍋で作って卵を落としてみた結果、やはりおつゆは味噌である必要はないと確信した。卵さえ入れば良いのでスープはこれで良い。つーかどれでも良い。そして肝心の麺がおいしくない。カップのどん兵衛は好きなのに袋麺はおいしくない。いや麺の違いかどうかもわからない。単なる慣れかも知れないしわからない。ただこの状態で食べるとスープはうまいが麺はおいしくないと感じたので別の物も食ってみることにした。

 と言うことで辿り着いたのが袋の辛ラーメン。もちろん卵2個。麺と一緒に粉末スープも一緒に入れて煮込めって書いてある。だからかなり柔らかめに煮込んでいる。まさに伸びたブヨブヨ麺。これが気に入った。おつゆに関しては、以前からコンビニなんかで辛そうなインスタント麺を見つけるとついつい買っちゃう事が多かったので、卵なしで考えてもこれはこれでありなんだよ。もちろん卵を入れてさらに気に入ったし、そこにブヨブヨののびた麺で全く問題ない。昨今、インスタント麺がインスタントじゃない麺の食感を目指す傾向があって気に入らないと思ってた。偽物は本物よりマズいだろ。偽物の生麺より本物のインスタント麺の方が好きだ。それがどん兵衛でも言えることかと。

 気に入ったのでまとめ買いしたんだけど、アマゾンだと30個で一箱なんだよ。さすがに多すぎる。多すぎるんだけど、味噌煮込みうどん6食の値段と辛ラーメン30食の値段が似たような物だったから、まぁ30個全部食えなくても6食以上食えるってだけで別にいいかって言う気持ちになってしまった。賞味期限が9月だが、そんなにハイペースで食えないぞ。1年以上かかるかも知れない。しかもネックになっているのは、辛ラーメンは1袋の量が多いって事。夜食に食うにはお腹いっぱいすぎて、頻繁に食えないわ。朝飯に食っても多すぎるわ。これ、もったいないけど茹でる前の麺を割って2割ほど捨てたらちょうど良いかもね。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。