イブラヒモ次第

1596 letters | 430 views | コメントする

 ワサコレのフォーメーションとかの話。これ選手はガチャでしか獲得できないから強化したいポジションの選手はなかなか来ないで、どうしてもフォワードだけが余りがち。だからフォワード多めのフォーメーションをついつい使いたくなるけど、それをぐっと堪えて今のところワントップ至上主義でやっている。イブラヒモビッチとパラシオが5本ずつシュートするよりも、イブラヒモビッチが10本シュートした方が点数入るし、フォワードが二人いても一人の時よりシュートの本数は増えないし、ツートップをやる意味がないと思ってる。いやもしかしたらツートップの方が守備を薄くできてマークはずれやすいとかあるかも知れないが、これって別にマークされてるかどうかで決定率が変ってなさそうだし。



 ワントップに決定率の高いフォワードを一人置き、そこにいかにボールを配球するかでフォーメーションを選ぶとして、サイドからのクロスを考えるとスリートップもありだと思うよ。でもそれもメンバー次第で、ガチャだからセンターフォワードは余ってたとしても、ウィングが両方優秀なやつで揃うとは限らない。しかも、せっかくステは優秀でもそいつがクロスよりも自分でシュートするタイプの選手じゃ得点力が下がる。いや自分でシュートしてしかも決定率が高ければ良いんだけどさ、一番決定率が高いやつを真ん中におくとして、そいつと同等の決定力をウイングにも置けるかどうかだわ。まぁ無理なので、結局ワントップを選んでいる。ワントップでなるべく多くイブラヒモビッチにシュートさせるだけの、イブラヒモゲームになってる。

 そうなると問題はポグバとかランパードだ。こいつらはミドルシュートを持ってるので、イブラヒモビッチにパスすれば得点の確率が高いのに、自分でシュートしちゃう事が多い。いやそれで点数にも結びついてるし、直接フリーキックも頼もしい。けど、シュートせずにパスすればもっと頼もしい。ポグバは単独OMFで起用してて、よくイブラヒモビッチへのパスを出す。イブラヒモビッチが奪われたボールを奪い返してイブラヒモビッチに渡したりするし、スルーパスも出す。ときどきミドルを外すと言うことを差し引いてもなお、イブラヒモビッチと相性の良いOMFだと感じている。ランパードはポグバより攻撃や技術が上だから、たぶんミドルの精度も上なんだろうけど、ミドルの精度を上げるよりもイブラヒモビッチに配球する力を重視した方が良いんじゃなかろうか。ポジションが被るのでどっちが先にベンチに行くかって状態で、フリーキッカーとしてランパードが生き残りそうだが、イブラヒモビッチの相方としてだとポグバが生き残りそう。それかフリーキックでのミドルを完全に諦めて両方アウトか。

 んで、いかにイブラヒモビッチにシュートさせるかのメンツを選ぶなら、やっぱりフィードとスルーパスなんだわ。ボランチのスルーパスは良い感じ。でもボランチのフィードは、どうもイブラヒモビッチよりポグバを狙いがちで、ポグバからもう一回パスでてシュートが多い気がする。せっかくフィード持ちのNDGアロンソ育成中だが、星4ピサーロの方がスルーパスだから良いかも知れない。左サイド適性もあってキラーパス持ちのコケはまだ全然育ててないが、サイドで発動するのか気になるところ。スキルを活かせるなら真ん中で起用する。ドリブラーの連中はドルブル突破した後にイブラヒモビッチにパスするかどうかが問題なので育成後回しにしてるが、まあ、真ん中起用は論外でもサイドはいけるんだろうか。

 ジャイキリイベントは2アカウントとも4連勝。しかしまだ点差で順位が大きく変る状態。このイベントこそ、イブラヒモビッチのワントップに10得点狙わせるのが正解だと思うわ。他のやつシュートするな。 

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。