真魚のタブを非表示にして代替

 現時点で古い真魚も新しい真魚も公開してるが、実はURLをいじればさらに古い真魚もダウンロードは出来る。あえて複数公開してるわけだけど、最新版はそもそもWindows7より古い環境を想定していないし、Windows7以降でしか動かない機能も盛り込むし、そのくらい新しいパソコンならマシンパワーもある程度期待できるだろうって事で、時代に合わせた真魚に変わっていこうとしてるわけで、古いパソコンだとオーバースペックかも知れないし動かないかも知れないから、あえて、古いバージョンをそのまま残しているわけだ。だからこそ、心置きなく新しい方の真魚はWindows7でだけ便利に使えればそれでいいやと思ってやっていける。で、Windows7向けに作り始めた当初から予定していて、作業はしていたけどうまく行かなくて後回しにしていた物にまた手を付けている。



 Vistaまでは出来なかったんだけど、7ではタスクバーでアプリのタブ切り替えまで出来るんだよ。アプリが対応すればね。そしたらアプリにタブバーを表示しないで、ハイビジョン化で昔より横は広くなったけど縦は狭くなったディスプレイで、貴重な一行を稼げることになるじゃん。これに対応して、その分タブを非表示にするオプションを付けて、タブがなくても動くようにMDIにしようって事で、ここまで全部セットなんだよ。ただMDIにしただけじゃ便利にならないから、7でタスクバーでの切り替えが出来ることでようやく、新しい真魚を使う意味が生まれる。

 この機能への対応を自前でやってると、それなりに多くの問題にぶつかって、いろいろ妥協したり解決したりしても、未だに狙い通りの動作には到ってない。こう言う面倒なところはDelphiがアップデートしたらきっと自動でやってくれる事になるはずなので、自分でどうにかした部分が将来無駄になるくらいなら、Delphiがアップデートするまでほったらかしにしようかとも思っているが、まぁ、まだ変だけど変なりにでもこれはあった方が7では便利になるはずだから、変なまま実装しちまおうかと。

 スクリーンショットでは、本体の方ですでに保存済みで※マークがはずれているファイルが、タスク切り替えの方ではまだ未保存の状態のキャッシュが表示されている。それを最新にする方法が分からないとか。あと、やっぱりDelphiだからかも知れないけど、裏に回ってる子ウィンドウが小さい状態でプレビューなのが気に入らないとか。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。