ウィルス対策ソフト不要

ウィルスバスターの年会費払えメールが届いた。
去年までは振込用紙が郵送されていたのだが、
今年はオンライン決済推奨、必要な人は振込用紙自体を申請となっている。
ウィルスバスターから重要なメールが来るとは思っていなかったので、いつもの放置。
あやうく抹消されそうになっていたので、このまま抹消されたらどうなるかと想像した。
このままウィルスバスターの更新をやめようと決意した。



HDD容量が小さかった頃は自動スキャンを利用していたが、
裏でガリガリされたくないので、チェックしたいファイルだけを手動でやるようになった。
危険なファイルは沸いて出るものではなく、必ずどこかからコピーされて来るのであって、
ダウンロードや添付などで初めてやって来たファイルのみチェックすればよく、
そのなかでも、実行ファイルのパターンチェックだけすればいい。
その手動チェックは、製品を買わなくてもオンラインスキャンで十分だ。
ウィルス対策以外の機能がいろいろ付加されているが、
どれもウィルスバスターでやる必然性はなく、一切利用していない。
ウィルスよりも対策ソフトの方がやっかいなほど自己主張していたが、
最近のバージョンはパターン更新時に自己主張しないので、
ウィルスバスターを意識する機会が減り、対策に関心を持たなくなってきた。
自宅PCはソフトを入れているが、事務所PCはソフトなしで不都合なし。
そもそも故意にやった以外は感染経験がない。

おそらく、初心者ユーザーが勝手にウィルスに感染して、
メーカーに保証しろとか言ってきたら困るから対策ソフトが存在するだけで、
一般人はわざと感染しない限りウィルスとは無縁でしょうが。
無料版AVGという手もあるし、本当に金払うべきか考え直そう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。