フィリップスからフィリップス

2303 letters | 1064 views | コメントする

 これまであたしの場合は、Amazonで人気のある電動ひげそりを妄信して買ってきた。別にそれで良かった。以前からパナソニックのラムダッシュがAmazonでは売れ筋で、あたしもランキングが1位なら間違いあるまいと思って買った事があった。別に間違いではなかった。そのラムダッシュに関しては、内刃の寿命と外刃の寿命が違ってて、外刃だけ換えるなら安いものだが内刃も換えようとすると結構高く付く。プリンタとインクみたいな物で、本体は結構安売りするのに消耗品があまり安くなってないから、交換のタイミングでいっそまた安いのに買い換えた方が良いみたいな感じになっている。で、そのラムダッシュの刃が悪くなったタイミングで買い換えたのが安物のフィリップスだった。ところがこのフィリップスがあたしのヒゲにはバッチリ相性が良かったみたいで、ラムダッシュでは何往復しても巻き込んでくれない毛を簡単に巻き込んでくれたりし、ひげを剃る時間も短縮されただろうし往復のイライラも解消されたから、もう全然ラムダッシュに戻る気はなくなった。今後もフィリップスって決めちゃった。



 この日記によるとフィリップスに乗り換えたのは一年くらい前だ。ラムダッシュには替刃の寿命がちゃんと書いてあったんだけど、フィリップスには書いてなかったので、どのくらい使ったら交換時期なのかわからない。剃り味は毎日使ってるせいで衰えに気がつかないし、現状でも全くの絶好調でまだまだいける。でも今なら特別会計に余裕があるので、貧しい一般会計からの負担なしで新しいやつを買っちゃおうかなって事で選んだのが、フィリップスのそこそこいいやつ。そこそこね。

フィリップス シェーバー センソタッチ3D【洗浄充電器付】RQ1251CC

 新しいやつには替刃のマークに2年って書いてあるから、まぁきっと古い方も2年だったんだろう。剃り味は古い方で別に不満を感じてなかったんだから、新しくしても別に良くなった感じはしない。毎日剃ってる平日のヒゲではそんなに差は出ないもので、連休とかで伸びたヒゲなら結構わかるんだよな。でもそれさえラムダッシュはダメだけどフィリップスの古いやつでスムーズに剃れたので、新しいからってさらに良いかどうかはわからないかも知れない。自覚症状はないけれども、古い安いやつでは稼働しなかったヘッドのあたりに、新しいやつは関節がいっぱいあるので、ラムダッシュで言うところの首振りヘッドみたいな感じでぴたっと肌に当ってくれるわけで、その分の何かしらいい事はあるんだろう。

 剃り味はフィリップスでもその他の細々としたところがラムダッシュに及ばなかったわけだが、今回の新しいのはその辺で追いついた感がある。例えばその替刃の寿命を表示してくれたこともそうだし、ヘッド部分の関節だってパクってくれたし、充電時間も短くなったし、バッテリーの残量表示も古いやつにないのが不満だった。一番重要な剃り味が良いだけでなく、使い勝手でも追いついたことで、かなりの満足感は得られている。

 Amazonで大人気のラムダッシュだからユーザーも多いと思うが、だからこそ、フィリップスに乗り換えた方が良い人もいっぱいいるだろうし、フィリップス未経験者もいっぱいいるはずだ。あたしのヒゲがたまたまフィリップスに相性が良いだけかも知れないけれども、ひょっとしたら万人共通でラムダッシュよりフィリップスがいい可能性もあるよな。少なくともあたしのようにラムダッシュで巻き込んでくれない毛に何往復もしてる人は、次の替刃交換時にでもフィリップスに乗り換えてごらんよ。もちろん、うちのアフィリエイトリンクを踏んで今すぐ買ってくれたらなお結構だがな。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。