延命するほど良いシェーバー

フィリップス電動シェーバーの刃を交換しろというマークが点灯している。
替え刃の寿命は2年ぐらいだそうで、Amazonの履歴を見たら2年3ヶ月くらいだった。
別に陰毛に電動シェーバーを使ったからではなく、その少し前に点灯した。
その替え刃が、出品者価格で7800円になってるんだよ。
もうAmazon本体で取り扱い終了したのか一時的に在庫ないのかは知らん。
前回の2年3ヶ月前にはAmazon本体から5724円で買っていたらしい。
その時点でもすでにこれは互換の替え刃であり、完全に同じ替え刃は売ってなかった。
前回の時点ですでに延命だったのが、今回はその延命料金がまた上がったわけね。
さすがに新しい電動シェーバーにした方がいいか。
でもマジで近頃出費が多すぎて、そんな今に限ってこれもかよって状態だ。
どうせ替え刃でも7800円なんだから、7800円前後の新品とどこが違うのかって話よ。
あたしが使ってるのはセッソタッチ3Dと言うシリーズで少しいいやつだ。
今は9000シリーズがいいやつで、5000シリーズが安いやつという事らしい。
今使ってるやつの同等品を狙うと9000シリーズになり、そこそこ高い。
そして替え刃もまたそこそこ高く、今よりさらに替え刃が高くなるかもしれない。
替え刃を安く済ませるために、シェーバーを安いものに乗り換えたくなっている。
安シェーバーを試して、ダメなら今あるシェーバーの替え刃を買うってどうかなと。

自分で書いた日記によると、あたしの髭にはフィリップスがあっている。
BSの番組によると、国産シェーバーは日本人の髭に合うように調整されているらしい。
でもあたしの髭ではフィリップスが良くて、日本人の典型的な髭ではないんだろう。
自分で使った感想を書いてたのでどうやら、安くていいからフィリップスが合うようだ。
フィリップスの安物で十分なのに、当時ポイントで贅沢してそこそこいいのを買った。
次は身の丈に合った安いフィリップスでいいんじゃないかと思っている。
本体が安くて、替え刃も安いかどうかも重要かな。

と言うことで完全に新品乗り換え気分に傾いて調べたが、やっぱりイマイチだな。
公式ホームページの情報がわかりにくく、ほかのところを見て比べたがな。
フィリップスの安物は充電関連が不親切で使いにくい。
確かにこの辺は、以前使ってたやつで不便だった記憶がある。
買うとしたら安いシリーズの中でも高いやつを選ぶことになる。
安いシリーズの中の高いやつを買っても、今持ってるやつの方が良さそうなんだよな。
しかも最近のはモミアゲ剃りがアタッチメント交換を要する。
イマイチだなぁ。
イマイチではあるが、今後は安いモデル用の安い替え刃が使えると思うと魅力的だ。
今回は高い替え刃にしておくか、安い新品を買うか、非常に迷うところだ。

迷って調べたおかげで、替え刃の新モデルのさらに新モデルがあることがわかった。
RQ12/51の後継がRQ12/61で、そのさらに後継がSH70/71だってさ。
これならAmazonでも取り扱いがあり、6170円で出品者より少し安いぞ。
とりあえず今回は互換品の互換品でつないでおくかぁ。
いつかまたフィリップスのそこそこいいやつを買うわ。
安いやつがイマイチで、今あるやつの延命を今回は選択するわ。

たぶん関連のある記事:

まだコメントはありません。