ズルしてちょうど良い

1914 letters | 598 views | コメントする

現在、デビルサマナーとモンスターハンターポータブル1を、両方チートして同時進行中。



デビルサマナーをサターンでマトモにやったときは、今の世界樹の迷宮と同様、
マップに自分でマークを置いたり出来たので、意地悪なマップを自力で攻略するのに役立った。
いや、役だったというよりはそれもゲーム内容の一つだったというべきか。
さすがにサターンエミュでやり直した時は、もう一度探索する気にはなれず、既製マップを見てやった。
それがPSPに移植され、後半まで進めてみると、こんな意地悪マップでいいのかとあきれ返す。
よくこんな難易度の高いゲームを昔はやったなと、感心してしまった。
このゲームは最初に、名前とあわせて職業を聞かれるのだが、もちろん今は自営業でスタートしたが、
サターンでやったときは学生だったので、当時はそのまま学生を選んでスタートしたものだ。
で、ゲーム内でも学生として扱われていたから、主人公は学生だというイメージが未だに抜けない。
そうか、学生という肩書きを持つゲームで遊ぶだけの人だったから、こんなゲームがやれたのか。
というわけで、今のあたしにはマッカとマグネタイトをMAXにしてちょうど楽しめる難易度になってる。

モンハンについては今まで見たこともやったこともなく、評判が良いから手を出してみた。
ロープレなのかなと思ってやってみたら、純粋に難しい3Dアクションだった。
最初は草食獣しかいない安全なところで操作を覚え、しばらくして肉食獣に襲われる事になる。
さらに巨大な飛竜が登場し、見つからないように卵を盗んでこいとか言われ、
飛竜に見つからなくても虫に刺されたら卵を落として割っちゃうという内容で、
ここで難しすぎてやめようかと思ったくらいだったが、がんばってここまではズルせずクリアは出来た。
それにしても長い。練習ステージ扱いの序盤だけでどれだけ時間がかかるんだ。
難易度が★で表され、とりあえず★1のクエは自力で終わらせたが、★2で詰まりまくる。
刃こぼれしたよ、研ごうよ、グヘ!研がせてくれない、やばい死ぬ、薬を、グヘ!昇天みたいな。
敵の行動パターンも見極めて、上手くなれば勝てなかったやつもスイスイ倒せるようになるはずだ。
うん、たしかにそういうタイプのゲーム好きだな、修行して強くなりたいな。
しかし2がでてるので、練習はそっちでやればいいから、1はさらっと終わらしたい。
同じ場所に繰り返し出向き、いろいろ集めてって言う所もチンクル同様、作業チックでやる気がしない。
ということで、これもズルしてちょうど、あたしには楽しめるレベルだ。

PSPはゲームの内容も難易度も一回のプレイ時間も、ゲームしかしなくて良い人向けなのかな。

DSを無視してしばらくPSPを触ってみて、良いところもあり悪いところもあるって感じかな。
液晶がでかくて動画もキレイだが、気になる人だと残像が気になる。
ちょうどビエラ(?)のCMみたいな感じで、そのCMによると液晶の弱点だそうだから、DSにもあったのかも。
画面が大きくなって気になり始めたのかな。
微妙に重くて疲れるし、十字キーは嫌いなSony式だし、アナログは滑って上手く入力出来ないし、
タッチペンゲームもリモコンゲームもないから新鮮さにも欠けるし、
何よりメモリースティック起動してるのにまだロードが長いという最大の欠点もある。
しかしはじめからライトに作ってあるゲームが多いDSと違って、
はじめからヘビーに長く遊ぶ用に作ってあるゲームが多くて、それをチートでライトにも遊べるのがいい。
近所では、男子中高生がPSPを、女子供と大人がDSを買ってるようで、棲み分けされてる感じがした。
ま、その男子中高生のほとんどはズルしないで、少ないゲームを長ーく遊んでるんだろうな。
大人のくせにPSPを買っちゃった人とかがズルしてちょうど良いとかいってるんだろう。

たぶん関連のある記事:

コメントは終了しています。